FC2ブログ

プロフィール

IMG_9643.jpg 特定非営利活動法人
ライフサポートりぼん

担当:平池直樹

地図

デイハウスりぼん(通所介護)   ヘルパーステーション(訪問介護)
ケアプランセンター(居宅介護支援)


〒565-0824
大阪府吹田市山田東
4丁目9番16号
Tel:
ヘルパーステーション 06-6816-8071
ケアプランセンター 06-6816-8070
デイサービス 06-6875-6613
Fax:(共通)06-6816-7588




最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

施設見学、1日体験のご希望、ご質問等がございましたらお気軽にメールを頂けたらと思います

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


最新記事


8月25日(土)にヘルパーステーションの定例会で「記録の書き方」に関する研修を行いました。


今年はちょっと実習に近いスタイルで研修を行いました。


IMG_2393(10%)


まずはサービス提供責任者の2人が利用者様役とヘルパー役をして、あるケアの1場面を演じました。


要支援の利用者様のお宅に掃除のケアで訪問をしただけの1場面なんですが、随所にポイントが織り込まれていて・・・記録にまとめるには工夫が必要な内容でした。




IMG_2395(10).jpg


参加したみんなには援助記録のコピーを配って、さっきの見た援助内容を5分で記入してもらいました。
書かれた記録をチェックして、スキャナーで読み取り、プロジェクターでスクリーンに映し出してみんなで確認をしました。
やはり抜けがあったり、状況の報告として足りない内容があったり、人によってまとめ方が違うことを共有しました。記録は書き終わった後に、もう一度読み返して抜けがないかチェックすることも大事です。利用者様とお話した内容で記録に残さないといけない事と残さなくていい事を短時間で整理するのは難しい事ですが、中でも特に記録に残さないといけないことを説明しました。



IMG_2397(10).jpg


担当の職員が記録の重要性や、記録は自分たちの仕事を証明する唯一の方法でもあることを説明しました。


いかに良いケアをしていても記録に正しく書かれていなかったら、ケアを提供していないのと同じ・・・とも伝えました。


残った時間で先ほど見てもらったケアの内容で疑問に感じた部分などを挙げてもらい、どうしたら良かったのか話し合いました。





ブログランキングに参加していますりぼん 吹田りぼん 吹田

↓ 一日一回クリックお願いします ↓


にほんブログ村 介護ブログへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://nporibbon.blog.fc2.com/tb.php/237-9d8e7925

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |